自撮り棒なんてもう古い!ドロ女になって迫力ある絵を撮ろう!

ドローンって空飛ぶラジコン?

まず、ドローンとラジコンの違いは「自律性」があるかどうかです。

そもそも『ラジコン』は『ラジオコントロール』の略で、『電波を使い、遠隔コントロールができるもの』です。

ラジコンヘリの場合は、コントローラーで手動操作をし続けなければなりませんが、
新しく出てきた『ドローン』と呼ばれるものには、

・GPS
・電子コンパス
・加速度センサー

が搭載されており、操縦者による手動操作だけではなく、ドローン自身により飛行することが可能になりました。

ラジコンでは操縦者の目視内までが操縦範囲の限界になりますが、ドローンの場合は目視外の飛行も簡単にチェックでき、ドローン自身が高解像度のカメラやセンサーを持ち、自動で障害物を避けてくれることもできてしまいます。

あらかじめ飛行経路などを設定し、プログラミングを組み込んでおけば、あとは自動的に目的地までドローンを飛ばすことが可能になります。

ドローンについては、現在ラジコンのような玩具感覚の物から本格的な空撮機まで多岐にわたり、価格、寸法、性能によってさまざまな種類があります。

また測量用や水中用等、目的や用途によっても使いわけが出来るようになっていますので、ドローンの魅力について紹介していきたいと思います。

ドローンの魅力

ドローンの魅力はやはり、自分が鳥になったように今まで見ることの出来なかった景色を見ることが出来き、映画のワンシーンのような写真や動画を記録できることにあります。

他にも空を飛ぶ物はいろいろありますが、やはりドローンが一番です。

なぜなら価格、安全性、臨場感、創造性等の面から総合に見て、ゲームとは違い決まったコースもないですし、スピード感があることで、臨場感も生まれ、且つパラグライダー等とは違い安全です。

しかもそれが一万円弱から子供でも楽しめます。 

もう一つのドローンの魅力として、一人でも楽しめるし、みんなでワイワイも出来るという点です。

アウトドアの方はより一層世界が広がりますし、インドアの方はゲーム感覚で嵌っていく方が多いです。

例えば、山登りに持って行けば頂上からドローンを飛ばして遊ぶこともできますし、より躍動感のある動画として残すことも可能です。

携帯動画だとほぼ静止画なので間が持たない場合もありますが、ドローンなら臨場感と風景がそれを補ってくれます。

他にも、海のアクティブでも友達にドローンを飛ばして撮影してもらいサーフィン等をより近くで撮影し自分のフォームを確認したりすることにも活用出来ます。

さらに災害時でも、ドローンを使って現場状況の把握をしたり、捜索、救援要請等にも役立ちます。

規制ついて

ドローンの重さによっては、「航空法」の対象となります

重量が200g以上の機体は全てドローン規制法の対象となります。

  • 地表から150メートル以上の上空
  • 人口密集地域
  • 空港周辺
  • 日中の飛行(夜間はNG)
  • 目視できる範囲で飛ばす
  • 人や物から30m以上の距離を保つ
  • 物を輸送、あるいは落下させない

これらは飛行禁止です。

200g未満の機体の場合は…?

「トイドローン」と呼ばれる種類のドローンがあります。

200g未満の機体については、規制の対象外となりますがその場合でも飛ばしたい場所・施設が許可してくれるとは限りません。

昨今ドローンでの事故や事件が原因で規制はどんどん厳しくなっています。

ドローンに関する規制の多くは航空法に基づくもので、その管轄は国土交通省です。

そのため、ドローン利用に関するルールに関しては、国土交通省のホームページより確認して下さい。

また、それでもわからないことがある場合は電話で問い合わせができる専用窓口がありますので、活用して下さい。

資格や免許は不要です。誰でも扱えます!

航空法という名称や、複雑そうなルールなどから誤解を与えやすいのですがドローンを飛ばすこと、それ自体に資格や免許が必要というわけではありません。

しかし、船舶免許等もそうですが、ほんの10年前までは簡単に取得できていた船舶免許も規制が厳しくなり試験が難しくなっています。

それと同じことが間違いなくドローンにも起こります。

航空法の改正等で一部の資格を持った人しか飛ばせなくなる等の措置や都市部での全面使用禁止もあると思います。

趣味だけでも構いませんが、目標があるとより楽しめるものです。

なので、資格・検定を目指すのもいいと思います。

その他にも理由として、知識が身に着き仕事や副業に繋がるかもしれません。

現在では、ドローン使った仕事もかなり増えて来ています。

今の内に資格を取っておけばのちのち大きなビジネスチャンスを物に出来るかもしれません。

今後のドローン産業とまとめ

趣味として始めるには現在ドローンが一番おすすめです。

人よりワンランク差をつけた動画や写真を撮りたいなら間違いなくドローンです。

産業としても2015年度の日本国内のドローンビジネス市場規模が175億円だったのに対し、翌年の2016年は倍の353億円となっています。

2022年度には2,116億円にまで達する見込みがあると言われています。

ドローンの小型化はすでに昆虫並の2㎜サイズになり、大型化では500㎏の荷物を運べるドローンも試作されています。

近い将来、自動車会社と提携して車がいよいよ空を飛べるようになるかもしれません。

今後さらにドローン産業は発展して行くので、始めるには今が絶好の時だと思います。

こちらのサイトもクリック!
https://drone-school-navi.com/dronenews_column/column/wa201711262/

 

【世界最大ドローンメーカーDJI社の正規販売店】DJI認定ストア大阪

【videocash】決定的瞬間の動画を投稿してお小遣いを稼ごう!

国内初!ドローン業種専門の人材派遣・紹介情報サイト【スカイエージェント】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事